サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル

必要書類の集め方から手続きの流れ、ちょっとトクする方法までを全解説。廃車の手続きについてわかりやすくまとめています。 自分で廃車にする人は参考にしてください。

廃車の豆知識

廃車手続きで注意すべきトラブルとは?業者を使っても起こり得る事

投稿日:

トラブル

最近では、廃車を行う場合は多くの方が廃車買取業者を利用されるでしょう。

 

こういった業者では、廃車手続きの代行サービスなども付いていますので、基本的にミスが起こる事はないのですが、逆に業者に申し込みする事でトラブルに遭遇する事もあるのです。

 

そこで今回は、廃車買取業者を使った場合に起こる可能性があるトラブルについて、ご紹介いたします。

 

おさる
プロでもミスるんだね。
じいさん
故意でなければ、ある程度は仕方ないのかのぉ。
出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

料金面でのトラブル

まずは、一番重要な部分である料金面について。

 

料金関連のトラブルは、売り手側からすればかなりガッカリしてしまうような内容が多い特徴がありますので、基本的には最優先で回避したいトラブルでございます。

 

では早速、どういった内容のトラブルがあるのかを見ていきましょう!

査定額の減額

まず、一番口コミなどでも見かける機会の多い「査定額の減額」について。

 

これは訪問査定を行う業者に申し込みされた際によく起こるトラブルで、具体例で言えば電話での査定申し込み時には買取額30万円と言われたのに、実際に訪問査定の際に提示された金額が2〜3万円だったといったケースです。

 

この時の査定員の言い分としては、電話口での30万円という金額はあくまでも電話申し込み時に伝えられた情報の中で最高に状態が良い車だった場合に付けられる査定額なのです。

 

しかし、実際に訪問査定で実車を確認した時に、減点対象になる項目があるという事で、初めに提示された金額からどんどん減額されていくのです。

 

おさる
気分はウキウキからどん底だね。
じいさん
マジでそんな感じじゃろうな。

手数料がかかる?

廃車買取業者の中には、廃車にかかる費用が全て無料で設定されている業者もいますが、全ての業者がそうとは限りません。

 

中には、事務手数料や廃車手続きの代行費用などの手数料を請求してくる業者も存在しています。

 

それ自体は、業者のサービスの設定料金次第ですので特に悪い事はないのですが、その手数料の存在を契約後に初めて明かしてきた時にトラブルになるのです。

 

基本的に、廃車買取のキャンセルに関しては査定の前後では問題なく行えるのですが、一度契約してしまうとそれ以降のキャンセルには違約金(3万円であることが多いです)が必要になるのです。

還付金が返ってこない

車を廃車にすると、今まで前払いで支払ってきていた税金の一部を返してもらえる還付金という制度がございます。

 

通常であれば、これらの還付金の受け取りの権利は支払いをしてきた車の所有者が持つことになりますが、業者によってはこの受け取り権利が業者に移る事があります。

 

この手法も、事前に説明していたり車の買取金額に上乗せして還付金の代金分も払ってくれる業者であれば、何の問題もありません。

 

じいさん
買取型なら還付時期より早く手元に現金が届くから、むしろラッキー案件じゃ。

しかし、この還付金の権利をこっそりと移動している業者の場合、売り手側としては還付金が返ってくる計算で買取に出しているので、最終的に手元に残る金額の計算が狂ってしまうのです。

 

おさる
世の中には、悪い奴もいるもんだ。

 

 

手続き関連のトラブル

続いては、廃車の手続きに関するトラブルについてご紹介していきましょう。

 

ここでは、廃車手続きを自分で行う場合ではなく、手続きを代行してくれるサービスを提供している業者に関する情報を重点的に見ていこうと思います。

 

じいさん
代行サービスなしの業者は、ハナから論外じゃ。

手続きの漏れ

一つ目のトラブル例は、最悪なケースである「手続き漏れ」です。

 

廃車買取業者は大手であればあるほど、扱う廃車の件数も膨大になります。

そうなると、当然代行すべき手続きの数も大量になってきますので、ひょんな事から手続き漏れが生じてしまう可能性があるのです。

 

もちろん最大手ともなれば、そういった手続き漏れに対する対策は取られているでしょうが、2番手3番手だったり急成長中の業者に関しては、まだそういったミスに対する防止策が十分ではなく、ミスを起こしてしまう可能性があります。

 

そうなると、当然その車の所有者欄はそのままですので、すでに車自体は手放しているのに自動車税の課税が行われたりするトラブルが発生するのです。

手続きの遅れ

手続き関連でいえば、廃車手続きの遅れもトラブルになりやすい要因となります。

 

特に3月の自動車税の回避のための廃車ラッシュの時期では、廃車の申し込みが殺到してしまい、業者側での廃車手続きの遅延が発生する可能性が非常に高まります。

 

もし、その手続きの遅れがどんどん拡大してくると、自動車税(月割計算)が1ヶ月分多く発生してしまったりするのです。

 

軽自動車は特に注意

普通自動車の場合は、月割計算で還付金が返ってきますので、遅れても1ヶ月分の自動車税で済みますが、軽自動車の場合は軽自動車税の還付金の制度がありませんので、3月に廃車申し込みして自動車税の発生を回避するつもりだったのに、それが4月にずれ込んでしまった場合は1年分の自動車税の支払が必要になります。

保険の解約忘れ

手続き関連の3つ目のトラブルは、保険の解約忘れについてです。これはトラブルというよりも、自分自身のミスによる損失についてです。

 

車には加入が必須な自賠責と、任意で加入ができる任意保険の2種類の保険があります。

これらの保険も、税金と同じく前払い制で支払いを行うもので、解約した時点の月割計算で還付金(解約返戻金)を受け取ることができます。

 

しかし、多くの廃車業者では自賠責保険の解約までは代行する事はなく、特に任意保険に関しては完全に自分で解約手続きを行う必要があるのです。

 

おさる
うわ。これ、忘れる自信があるよ!
じいさん
しっかりして(汗)

なので、これを忘れてしまうと、本来であれば数ヶ月分の保険料で済んでいたものが、どんどん月日が経つ毎に保険料が消化されていく事になるのです。

 

 

その他のトラブル

以上が特に注意するべき廃車手続き上でのトラブルですが、実はこれ以外にも面倒なトラブルがあるのです。

 

しかも、上記のトラブルが優しく見えるような、かなり迷惑なトラブルなのです。

契約するまで居座る

かなりの迷惑度合いをほこるトラブルとしては、訪問査定に来た査定員が契約するまで帰らないというものです。

 

これは訪問査定がある業者に特有のもので、他の業者に車を取られたくないという理由から、その場での即決を取ろうと粘る行為のことです。

 

これは端から見れば大した事はないように思えますが、実際に居座りをされているお客側からすればメチャクチャ面倒臭く、精神的にもキツイ迷惑行為ですので可能な限り避けたいトラブルの一つです。

 

じいさん
ちなみに、何を言っても帰らない場合は警察に通報するという手もあるぞ。
おさる
け、警察(汗)エライコッチャ。

クーリングオフ出来るという嘘

続いても、なかなかに悪質なトラブルで、クーリングオフができると嘘を伝えるというケースです。

 

状況としては、上記でご紹介した即決取りたい営業マンで多いのですが、「クーリングオフがあるので、一旦は契約して後から決めてください」とお客に伝えるのです。

 

この内容が真実であれば大丈夫なのですが、実は廃車買取に関してはクーリングオフは適用外で契約後のキャンセルには違約金がかかってしまうのです。

 

今時こういった悪質なことをされる業者は少ないかと思いますが、新入社員などの法律に疎い営業マンなどは悪意なく嘘を伝えてくる可能性もありますので、これに関しては本当に要注意です。

 

 

まとめ

これらが実際に廃車手続きの際にトラブルに発展する可能性のある内容となります。

 

後から取り返しの付く内容のトラブルであればまだ許せますが、これが無駄な費用だったりキャンセル出来ないようなトラブルだった場合は、元に戻す事はできませんので、要注意となります。

 

おさる
とは言っても・・。
じいさん
基本的に、訪問査定がある業者でこういったトラブルが頻発しているから、可能な限り訪問なしの業者に依頼されると安全じゃぞ!
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

オススメ廃車買取ランキング!

「単純に廃車にするだけでは勿体無い!」

「どんなにボロボロの車でも高額査定を諦めたくない!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査した高額買取が可能な業者をランキング順にピックアップしました。

是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている珍しい廃車買取業者です。もちろん廃車手続き廃車全て代行してくれますので、申し込みと書類の準備だけで他は放置でOKです。

また、海外への販路を持っているので、単なる廃車買取でも異常な高額買取が可能な事もありますので、絶対に査定に出しておくべき業者です。

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車屋さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車屋さんによって多少のサービスの差はございます。

-廃車の豆知識
-,

Copyright© サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル , 2019 All Rights Reserved.