廃車の豆知識

水害にあった車の廃車手続きと流れは?その時のNG行動とは?

水没車の廃車

近年、異常気象や地震などにより、車も被害に遭う事が多くなりました。そして、災害の大きさ次第ではその車をそのまま廃車にする事になるでしょう。

 

今回はそんな中でも、水害にあってしまった車の廃車手続きについてご紹介いたします。

 

水害に関しては通常の廃車と異なり、やってはいけない行動などの注意点もございますので、そういった状況に直面している場合は事前に確認いただければと思います。

 

おさる
今日はなんだかシリアスな内容だね!
じいさん
いや、いつも真面目に話してるのじゃが・・・。
出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

水害車の状況で変わる初めの行動

一口に水害にあった車といっても、そのレベルは様々です。

 

本当に海に沈んでしまったレベルの水没車の場合もありますし、冠水などでマフラーの中に浸水しがエンジンルーム内は無事といった場合もあります。

 

それぞれの状況によって、廃車を行うための方法も異なりますので、まずは状況ごとで初めに行うべき行動をご紹介いたします。

水没車の場合

一つ目の状況としては、水没してしまっている車についてです。

 

廃車を行う場合、基本的には廃車買取業者や解体業者に依頼されることになりますが、これらの業者はレッカー車での移動は行えますが水没車の引っ張り上げまでは行ってくれません。

 

じいさん
というより、引っ張り上げる設備を持っていないじゃろうな。

なので、水没車に関しては、廃車業者を呼ぶ前にまずはJAFなどに地上まで引っ張り上げてもらうように依頼しましょう。

 

もし、それが海でJAFでは手に負えない場合は、警察にも相談してみましょう。

水害にあったが地上にある場合

水没車に対して、水害にあったものの車自体は地上に残っている場合について。

 

この場合は、廃車買取業者でも解体業者でもレッカー車の手配ができる業者であれば移動が可能ですので、そのまま申し込みを行ってしまって大丈夫です。

 

おさる
普通の廃車手続きと一緒だね。

が、あくまでも車が正常な状態である事が条件ですので、横転していたりした場合はレッカー車に乗せる事が出来ないので、申し込み前にその状態でも可能か確認してみましょう。

 

もし、4輪全てのタイヤが地面についていないと引き取りできないという場合は、JAFに頼んで車の向きを直してからの廃車引き取りとなります。

 

水害車の場合は業者選びを慎重に

続いては、水害に遭ってしまった車の廃車を依頼される業者についての注意点をご紹介いたします。

というのも、水害車に関しては通常の廃車とは少し異なる扱いになってしまう事が多いのです。

絶対条件は水害車でも引き取り可能な業者

水害にあった車の廃車業者選びの絶対条件としては、水害車の車でも引き取りが可能な業者を選ぶ事が絶対条件となります。

 

「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、これが結構重要なことで、前述でも少し触れましたが水没車などは通常の廃車とは異なり、敬遠される傾向にあるのです。

 

これは、恐らくリサイクル法に基づいた解体・スクラップを行う業者側の作業内容が、より面倒になってしまう為でしょう。

 

じいさん
解体業者は昔のように単にプレスするだけではなく、結構面倒な工程を行わないとスクラップに出来んからのぉ。

なので、廃車買取業者だから水害にあった車でも大丈夫という保証はないので、依頼される前にその点の確認が必要になります。

別途費用が掛からないかを確認

業者選びで2つ目に気を付けるべき点は、廃車に費用が掛からないかどうかという点です。

 

これは、「手数料無料」と謳っている業者であれば大丈夫という訳ではありません。

そういった業者の中には、無料の条件として「自走可能な場合のみ」だったり「水没車は有料」といった条件が付いている場合があるのです。

 

なので、水害にあってしまった車に関しては、しっかりと無料で引き取りができる業者かどうかの確認を行いましょう。

 

じいさん
現状、水没車でも無料引き取りが出来る業者としては、カーネクストが挙げられるの。

 

水害車のNG行動

それでは、最後に水害に遭ってしまった車に関して、廃車手続きを行う上でのNG行動についてご紹介いたします。

 

通常であれば特になんの問題もない行動であっても、水害にあった車の場合は怪我や重大事故に繋がる可能性もございますので、かなり慎重に行動するようにしましょう。

エンジンの点火を行わない

水害の程度にもよりますが、完全に乾ききっていないうちにエンジンをかけないようにしましょう。

 

万が一、エンジンルーム内部にも浸水してしまっていたら、エンジンをかけてしまう事でパーツの破損や火災の発生にもつながる可能性があります。

 

どうせ廃車にするから大丈夫に思われるかもしれませんが、火災車になってしまうと、もはや無料で引き取りができる業者はなくなり、処分費用として何万円もかかるようになります。

 

それに最悪の場合は、エンジンをかけた事で怪我をしてしまう可能性もありますので、むやみに操作しないようにしましょう。

電気系統にもふれないように

次のNG行動は、電気系統に関するものです。

水害にあってしまった車は、多くの場合、車の内部にまで水が浸水している事がほとんどです。

 

この状態でライトをつけたりエアコンを作動させてしまうと、浸水した水が電力系統に触れてしまい、ショートや感電のリスクが発生してしまうのです。

 

この時に車の表面やシートに触れていると、車に使われているバッテリーはかなり強力ですので、運が悪いと病院送りになりますので、注意しましょう。

 

特にキーを最後まで回してエンジンを掛けなくても、一つ手前のところまで回せばエアコンやラジオ、パワーウィンドウなど様々な電力系統の操作ができるようになりますので、容易に動作チェックを行わないようにしましょう。

 

じいさん
特にお主は好奇心旺盛じゃから、なんでもかんでもスイッチをONにするんじゃないぞ。
おさる
うん、気を付けるよ!

オススメ廃車買取業者ランキング!

「廃車手続きが面倒そうだ!」

「ボロボロの車でもお金をかけて廃車するのはイヤだ!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査したお得に廃車が出来る廃車買取業者をランキング順にピックアップしました。是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている全国対応の廃車買取業者です。廃車手続きの代行費用、廃車のレッカー引取り費用も全て無料。査定も無料で電話ですぐに確認OK。

また、海外への販路を持つ業者など全国13,000社と提携しているため、廃車買取でも高額買取が出来る可能性もあります。下取りに出してみたら買取がつかなくてガッカリした方、廃車に費用がかかると言われて諦めかけている方におすすめです。

本社所在地|〒531-6131大阪市北区大淀中一丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階
電話番号|0120-997-746(年中無休8:00~22:00)

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

本社所在地|〒132-0001東京都江戸川区新堀1-5-8
電話番号|0120-396-813(日祝休9:00~17:00)

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車業者さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車業者さんによってサービス内容が異なりますので、査定前に一度お問い合わせされることをおすすめします。

運営所在地|〒108-0074東京都港区高輪3-25-33長田ビル2F
電話番号|0120-86-8140(年中無休9:00~22:00)

-廃車の豆知識
-, ,

© 2020 サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル