サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル

必要書類の集め方から手続きの流れ、ちょっとトクする方法までを全解説。廃車の手続きについてわかりやすくまとめています。 自分で廃車にする人は参考にしてください。

廃車の豆知識

他県で廃車手続きを行う方法!少しの工夫で簡単手続き

更新日:

引っ越し

車の手放しを行う理由で多いものの中に、引っ越しという項目があります。

特に東京への転勤などによる引っ越しであれば、駐車場代が一気に高くなりますので、車の手放しをされる方も増えるでしょう。

 

そこで気になるのが他県での廃車手続きが可能かどうかという点です。

今回はそんな他県での廃車の可否や、対応方法についてご紹介いたします。

 

おさる
東京ってそんなに高いの?
じいさん
月に平均3万円らしいぞ。
おさる
カオスだね。
出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

他県ナンバーでも廃車は可能?

ナンバープレートには、そのナンバーを取得した地域の地名がはっきりと記載されています。

このナンバープレートに記載されている地名は、所有者の居住地と一致している必要があり、もし引っ越しなどで他県に移動した場合は15日以内に登録変更をしなければいけないというルールがあるのです。

 

これを守れていないナンバーの車を見かける事がありますが、実はこれは違反行為に該当しますので、最悪の場合50万円の罰金の対象になることもあるのです。

 

じいさん
実際に処罰を受けた人を見た事はないがの。

そんなルールが設けられているナンバープレートと記載の地名ですので、他県では到底、廃車手続きを行えない様に思われるかも知れません。

が、そんなナンバープレート事情ですが、実は廃車に関しては他県でも問題なく手続きを行うことが可能なのです!

 

おさる
え?絶対に無理だと思ったのに。
じいさん
そこまで厳しくないのじゃよ。

 

 

自分で他県で廃車手続きを行う場合

それでは、他県で廃車手続きを行う方法について見ていきましょう。

なお、自分で手続きを行う場合と、廃車買取業者などに代行を行う方法の2通りがございますでの、まずは自分で廃車手続きを行う場合についてご紹介いたします。

普通の廃車手続きとココが違う

では、他県で行う廃車手続きは通常の廃車手続きとどういった点が異なるのかというと、それは提出を行う書類1枚の追加手続きの名称の2つの点になります。

 

通常、自分でナンバープレートに記載の住所で廃車を行う場合は、事前に以下の書類や準備物を用意することになります。

車検証 ナンバープレート
印鑑登録証明書 リサイクル券

上記に加えて廃車手続きを進めるうちに、移動報告番号・解体報告記録や運輸支局の窓口で入手できる書類もございます。

 

これに対して、他県で廃車を行う場合には事前に準備する書類などは以下の様に少し量が増えます。

車検証 ナンバープレート
印鑑登録証明書 リサイクル券
住民票

これらの書類を持って、永久抹消登録であれば解体工場で移動報告番号・解体報告記録を取得して引っ越し先の運輸支局へ、一時抹消登録であれば上記の5点を持って運輸支局へ行くことになります。

 

そして、運輸支局での手続きですが、永久抹消登録や一時抹消登録という廃車方法ではなく、住所変更と抹消登録を同時に行うことができる移転抹消という手続きを行う事になるのです。

 

じいさん
ちなみに、名称が変わる位じゃから、運輸支局での手続き内容自体はほぼ同じじゃ。

他県で自分で廃車する際の注意点

他県での廃車手続きを自分で行うこと自体は、実は普通の廃車手続きと大差ないので、それほど難しいものではありません。

 

が、この手続きの中には1点のみ注意点が存在します。

それは必要書類として準備する住民票についてです。

 

この住民票の用途としては、実際に引っ越しを行なったことを証明するための書類となりますので、最悪の場合、公共料金の支払いの領収書などでも代用することが可能です。

 

ここ自体は「知っていれば解決できる」ものなのですが、ここにある条件が加わると一気にミスが起きやすい状況になってしまうのです。

その条件とは、2回以上の引っ越しを行なっているというものです。

 

もし、車検証に記載の住所から1回のみの住所変更であれば、前住所の記載がある住民票などで事足りるのですが、2回以上の引っ越しがある場合はその移動の追跡が住民票ではできないのです。

 

なので、こういった場合にはこれまでの転居の履歴が確認できる戸籍謄本もしくは戸籍の附票を用意すれば、補助書類として有効になります。

 

じいさん
この注意点さえ気をつければ、基本的に難しくない内容じゃ。

もちろん、引っ越ししたてで自力で手続きするのは時間的に厳しい面もあるがの。

おさる
正直、引っ越し関係なしに、自分でしたくないなぁ〜。

 

 

廃車買取などに依頼する場合

続いては、面倒臭い事が嫌いな方、引っ越しなどバタバタしていて少しでも楽したい、という方にオススメできる廃車買取業者などに代行を依頼するという場合について。

 

この場合も、自分で他県での廃車手続きの場合と同様に、増える書類が少し増える程度となります。

通常の廃車とほとんど違いはない

という事で、通常の廃車の業者申し込みの場合と他県での廃車の業者申し込みの違いについてご紹介いたしましょう。

 

と言っても、実は特殊なことは何もなく、自分で廃車する際に必要になる住民票(複数回の引っ越しの場合は戸籍謄本など)に加えて、委任状と譲渡証明書の2枚を加えるのみで大丈夫です。

車検証 ナンバープレート
印鑑登録証明書 リサイクル券
住民票(戸籍謄本) 委任状
譲渡証明書(業者による)
おさる
まぁ、普通だね!
じいさん
そうじゃろう?

書類は完璧に揃えよう

このように、他県への引っ越しがあったとしても、廃車買取業者への申し込みの場合は、通常の廃車の申し込みの際の内容とほとんど変わらないのです。

 

基本的に、委任状や譲渡証明書は買取業者側が用意してくれるので、こちら側としては通常の廃車に必要な書類に加えて、住民票を用意すれば大丈夫です。

 

あとは、業者側が勝手に移転抹消だと判断してくれ、運輸支局でもそれに合わせて手続きしてくれるので、何の心配もないのです。

唯一、気をつけるべき点は、やはり書類の不備についてです。

 

基本的に書類に不備があれば、運輸支局での手続きに移る前に業者側でチェックしてくれますし、不備がある状態で運輸支局の手続きをパスできることはないので、いずれにしても連絡してくれるでしょう。

 

とはいえ、そこから書類の準備、書類の郵送、業者でチェック、運輸支局への再手続きとなりますので、かなりのタイムロスに繋がります。

 

下手をすると、そのタイムロスで自動車税が1ヶ月分多く支払うことになる可能性もございますので、手間と費用の面でも損しない様に書類はミスなく確実に揃える様にしましょう。

 

 

面倒な作業は丸投げでOK

以上が、他県での廃車手続きの可否とその際の手続きの方法・注意点の内容となります。

 

この他県での廃車のポイントは、移転抹消を行う為に必要になる住民票(戸籍謄本)を忘れずに用意することになりますので、そこさえ注意していれば基本的に間違いが起きることはないでしょう。

 

むしろ、通常の廃車と比べてそれくらいしか違いがありませんので、あとはどれだけお得に、そして楽に手続きを完了させられるかという所に注力する事になります。

廃車買取業者に出す事で全てにメリットが!

他県での廃車は、自分で行う場合でも業者に代行申し込みする場合でも、上記の通り住民票を追加で提出するだけで他には違いはありません。

 

つまり、追加で必要になる作業量はどちらも同じですので、最終的にどちらが手続きが楽かといえば、やはり廃車買取業者に任せてしまうのが一番楽ということになるのです。

 

当然、手続きが楽になることだけがメリットではなく、廃車買取ですので自分で手続きする際にかかる費用は無料になり、車自体も買取して貰えるのです。

 

おさる
綺麗な一石二鳥の例だね!
お兄さん
じゃな。これは使わない手はないの!

もちろん、これを実現するには手数料を無料に設定されている業者である事が重要になりますので、そのポイントは外さない様にしましょう。

 

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

オススメ廃車買取ランキング!

「単純に廃車にするだけでは勿体無い!」

「どんなにボロボロの車でも高額査定を諦めたくない!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査した高額買取が可能な業者をランキング順にピックアップしました。

是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている珍しい廃車買取業者です。もちろん廃車手続き廃車全て代行してくれますので、申し込みと書類の準備だけで他は放置でOKです。

また、海外への販路を持っているので、単なる廃車買取でも異常な高額買取が可能な事もありますので、絶対に査定に出しておくべき業者です。

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車屋さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車屋さんによって多少のサービスの差はございます。

-廃車の豆知識
-,

Copyright© サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル , 2019 All Rights Reserved.