廃車の豆知識

廃車手続きはナンバープレート無しでも出来る!その簡単過ぎる方法とは?

必要な書類

車の廃車の際には、車検証などの必要書類と一緒にナンバープレートの提出が必要になります。

 

が、もしナンバープレートが無い状態の車だった場合は、廃車できないのかと不安に思われるでしょうが、実はある方法を実践する事でその状態でも廃車にする事が可能になるのです。

 

ここでは、そんなナンバープレートが無い車の廃車方法についてご紹介いたします。

 

おさる
え?裏技的な話?
じいさん
残念ながら普通に存在する方法じゃ。
出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

理由書で全て解決!

ナンバープレートが無い状態では、基本的に廃車手続きを行うことはできません。

が、ナンバープレートが無い状況の理由を証明できるものがあれば、その状況でも廃車手続きを進める事が可能となります。

 

その際に必要になるのが、理由書という書類です。

この書類に、ナンバープレートが無い理由を記入して他の書類と一緒に提出する事で、ナンバープレートが無い車であっても廃車の手続きを行う事が可能となります。

 

おさる
なんだか凄いシンプルだね。
じいさん
どんな方法を期待していたのじゃ?
理由書があれば、派手な手続き無しで出来るぞ

 

例外:理由書以外にも他の照明が必要なケース

基本的に、理由書があればナンバープレートが無い状態の車であっても、廃車手続きを進めることは可能ですが、場合によっては例外的に別の要素も必要になる場合があるのです。

 

おさる
もしかして面倒臭い?
じいさん
うむ。一手間必要になるかの。

車の盗難にあった場合

まず理由書だけでは手続きできない例外の一つとしては、車が盗難された場合です。

この場合は、理由書自体は必要になりますが、それに加えて警察による盗難の証明が必要になります。

 

なので、盗難車の廃車の場合は、廃車手続きに移る前に警察に通報する必要があります。

その際に受理番号というものが発行されるのですが、この番号が盗難車の廃車の際に必要になるのです。

 

おさる
悪い事してないけど、警察コワイ。
じいさん
そう緊張せんでよい。
普通に110番に電話すればいいのじゃ。

なお、この受理番号の使い方は、理由書に受理番号と発行してくれた警察署名を追記するだけで大丈夫です。

自然災害にあった場合

2つ目の例外のケースは、洪水や地震などで回収が不可能になった場合です。

自然災害にあったが、車自体の回収が可能な場合はそのまま不動車として廃車手続きすれば大丈夫ですが、洪水などで海に流されたりして回収が不可能になった場合には、ナンバープレートの回収も不可能となります。

 

この場合も当然、理由書の提出が必要になるのですが、これに加えて消防署や市区町村の役場で発行される罹災証明書が必要になるのです。

 

おさる
これ、なんて読むの?
お姉さん
罹災(りさい)証明書じゃ。

この罹災証明書と理由書をセットにして廃車手続きの時に提出する事で、ナンバープレートが無い状態の車の廃車が可能となるのです。

車検証について

なお、例外で紹介したケースでは、車自体を紛失している状態ですので、その車の中に保管しているはずであろう車検証も一緒に紛失してしまっている状態です。

 

当然、この車検証も廃車手続きの際には提出が必要になりますので、これに関しても事前に対応しておく必要があります。

 

その方法は、理由書の準備ではなく、車検証の再発行といういたってシンプルな方法での準備となります。

なお、車検証の再発行は運輸支局(軽の場合は軽自動車検査協会)にて行う事ができますので、車の情報と身分証明書の両方を持参しましょう。

 

じいさん
その日のうちに再発行が可能じゃから、そのままその日の内に廃車手続きを進める事も可能じゃ。

 

理由書の入手方法

以上が、ナンバープレートが無い状態での廃車方法となります。

 

例外のケースに該当する場合は、理由書以外にも警察への通報や役所などで別途用意するものがありますが、肝心の理由書の入手方法についても併せてご紹介しましょう。

運輸支局での入手

まず、実際の廃車手続きを行う運輸支局(軽自動車検査協会)で申し出れば、理由書の用紙をもらう事が可能です。

その場で、サラサラ記入できる方は、その場で入手される方法も可能ですが、受理番号の取得などが必要なケースに該当する場合は、その場で記入できる様にあらかじめ準備しておきましょう。

カーネクストHPでダウンロード

2つ目の方法としては、廃車買取業者のカーネクストのHP内に理由書のダウンロードができるページが用意されていますので、それをダウンロード・プリントアウトして利用する方法です。

 

>>理由書ダウンロードページ

この方法が一番確実ではありますが、自宅にプリンターがない場合はコンビニまで印刷しに行く必要がありますので、その点は少し手間が増えることになります。

 

>>コンビニでのコピー方法

 

まとめ

ナンバープレートが無くなる状況というのは、かなり特殊な状況ではありますが、それでも必要な手順さえ踏めば廃車手続きを進める事が可能です。

 

個人的な理由によりナンバープレートがない場合は、そのまま理由書のみで手続きを。

 

もし、盗難や自然災害によるナンバープレートの紛失の場合は、警察や役所にて必要になるものが出てきますので、そこは漏れなく対応する様にしましょう!

 

おさる
了解!
じいさん
慌てずに行動するのじゃぞ。

オススメ廃車買取業者ランキング!

「廃車手続きが面倒そうだ!」

「ボロボロの車でもお金をかけて廃車するのはイヤだ!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査したお得に廃車が出来る廃車買取業者をランキング順にピックアップしました。是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている全国対応の廃車買取業者です。廃車手続きの代行費用、廃車のレッカー引取り費用も全て無料。査定も無料で電話ですぐに確認OK。

また、海外への販路を持つ業者など全国13,000社と提携しているため、廃車買取でも高額買取が出来る可能性もあります。下取りに出してみたら買取がつかなくてガッカリした方、廃車に費用がかかると言われて諦めかけている方におすすめです。

本社所在地|〒531-6131大阪市北区大淀中一丁目1番30号 梅田スカイビルタワーウエスト31階
電話番号|0120-997-746(年中無休8:00~22:00)

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

本社所在地|〒132-0001東京都江戸川区新堀1-5-8
電話番号|0120-396-813(日祝休9:00~17:00)

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車業者さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車業者さんによってサービス内容が異なりますので、査定前に一度お問い合わせされることをおすすめします。

運営所在地|〒108-0074東京都港区高輪3-25-33長田ビル2F
電話番号|0120-86-8140(年中無休9:00~22:00)

-廃車の豆知識
-,

© 2020 サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル