サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル

必要書類の集め方から手続きの流れ、ちょっとトクする方法までを全解説。廃車の手続きについてわかりやすくまとめています。 自分で廃車にする人は参考にしてください。

廃車の豆知識

車の解体は意外と手間?その概要と手間を省く方法

更新日:

古くなった車や壊れてしまった車は、どうしようもないので解体を行うしか方法はないでしょう。そこで出来るだけ費用を抑えるために、解体などの手続きを全て自分でされようと考える方もいらっしゃるでしょう。

ということで、ここではそんな車の解体に関する情報をご紹介したいと思います。

おさる
車の解体って言われてもサッパリ。
まぁ、一般人、ましてやサル君が知る機会もないからね。
お姉さん
出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

解体は解体業者へ依頼

この車の解体ですが、それだけの大きなものですし、解体の許認可を持っている工場でないとそもそも解体を行うことはできません。なので、たまに街中に回っている軽トラの廃品回収では手に追えない物となります。

 

よって、車の解体に関しては、それ専用の工場を所有している業者に依頼する必要があるので、まずはそういった解体業者への手配などについてご紹介していきましょう

解体業者の探し方

まずは、一番重要な解体業者の探し方についてご紹介いたします。とはいえ、凄まじくシンプルな探し方で、単純にGoogle検索で「地域名 車 解体業者」と検索をかければ一発です。

 

中には、自社ホームページを持たれていない業者も存在していますが、そういった業者であってもポータルサイトや地域密着情報サイトなどでも紹介されている事が多いので、どのみち検索で見つける事が可能となります。

 

他にもアナログな方法ではありますが、タウンページなどで探す事も可能ですので、基本的には解体業者探しで苦労することはないでしょう。

解体依頼で必要な書類

続いて、解体業者に車の解体を頼む際に必要な書類についてご紹介しておきましょう。

 

まず、身分とその車の所有者であることを証明するために、免許証や車検証が必要になります。もし、車検証に記載の名義とは異なる人が依頼される場合は、委任状などの準備が必要になります。

この辺りは、解体業者によってまちまちなのよね。
お姉さん

身分証明の他にも、リサイクル券の提出が必要になります。このリサイクル券は新車で購入時にリサイクル費用の支払いを行ったことを証明するもので、基本的には車検証と一緒に保管されている事が多いです。もちろん、中古車で購入した場合でもリサイクル券は新しい所有者に譲渡されるものですので、手元にはあるハズです。

まれに、前所有者や中古車店が紛失している場合もあります。

万が一、リサイクル券を紛失している場合でも、自動車リサイクルシステムの画面をプリントアウトしたものがあれば、同等の効力を持つ書類になりますので、その点はご安心を。

おさる
なんだ♪簡単そうだからオイラでも大丈夫そうだ!
そうね、ここまでは特に問題は無さそうだけど、
実は自分で解体業者に依頼する場合は、
色々と注意点があるのよ。
お姉さん

 

解体業者を利用する際のデメリット

解体業者の利用においては、いくつかデメリットや注意点が存在します。

 

ここを把握せずに、解体業者へ依頼されると色々と不都合な事が起こる可能性がありますので、それらを順番にご紹介していきましょう。

個人依頼が出来ない可能性がある

まず一つ目の注意点としては、車の解体が可能な業者が家の近くにあったとしても、個人からの依頼を請け負ってくれない可能性があるのです。ひと昔前であれば、個人依頼でもバンバン受け入れていたのですが、ここ最近になってからは個人依頼も可能な解体業者の数は減少傾向にあるのです。

 

そういった業者は、個人依頼の代わりに引き取り業者や提携企業からの廃車を受け取る事を事業のメインとして行なっているのです。

解体業者からすれば、その方がトラブルも少なくて楽ですからね。
お姉さん

解体手数料が必要

もし、個人依頼でも可能な業者を見つける事ができたとしても、解体を行う際の手数料が必要になる可能性がございます。

 

費用に関しては、各解体業者で統一の基準などはないので、その値段設定も業者次第となりますが、解体手数料の平均としては1万円前後で設定されている事が多いようです。

私の元職場も、個人客からは1万円もらってたわね。
お姉さん

車の運搬手段が必要

ここを見落としてしまう方が多いのですが、廃車を考える車は基本的に自走に関して問題のある車がほとんどです。ヒドい場合は事故や故障で不動車になってしまっている場合もあります。

 

そして、そういった車を解体してもらうには、当然その車を解体業者の元まで運ぶ必要があります。もし、個人OKの業者で更にレッカー車などを所有している業者であれば、多少の運搬費用(約1万円)を追加で払う事で運搬も可能となりますが、そうでなければ自分で運搬会社に手配して運んでもらう必要が発生します。

 

そうなると、運搬費用だけで2万円前後の費用が発生してしまいますので、「コスト削減のため」という当初の目的はすでに破綻してしまう状況になるのです。

おさる
オ、オ、オ、オイラ、
そんなにお金の用意が出来ないよ(汗)
サル君、安心して。
費用を抑える&手間を簡略化する方法は
他にもあるから大丈夫!
お姉さん

 

個人は解体業者よりも廃車買取業者

ここまでは解体業者についての情報と、個人客の利用についての難しさについてご紹介しましたが、ここからはそもそも解体業者を使う以上にメリットのある解体方法についてご紹介いたします。

 

それはご存知の方も多いかと思いますが、廃車買取業者の利用を行うという方法です。

廃車買取業者とは?

ご存知ない方のために、廃車買取業者について簡単にご紹介いたしましょう。

 

とはいっても、そのまま読んで字のごとく、廃車を買い取っている業者のことで、車の運搬から解体業者での解体、その後の運輸支局での廃車申請の手続き代行までを一括で請け負ってくれる業者です。もちろん、廃車買取業者の中には運輸支局での手続きは代行しないなど独自のルールを設けられている場合もございますので、その点は事前に確認が必要になります。

廃車買取業者のメリット

この廃車買取業者が解体業者と比べて、どのようなメリットがあるかというと、費用・手間の両方でメリットがあるのです。

 

費用面で言えば、車の運搬費用だったり解体手数料は無料に設定されているので、基本的に客側がお金を払うことはありません。更に手間の面でも、車は自宅まで取りに来てくれますし、運輸支局での手続きは解体業者依頼の場合は自分で平日に足を運ぶ必要がありますが、廃車買取業者の場合はこの作業も代行してくれるのです。

おさる
つまり、解体業者に依頼する価値はないって事だね!
うん、そうなんだけど、
チョット直球過ぎるから、もう少し
柔らかい表現にしようか、サル君?
お姉さん

廃車買取の業者選びの条件

ただ、前述でも少し触れましたが、廃車買取業者といっても解体業者と同様にシステムや料金設定は統一されている訳ではないので、業者選びを失敗すると結局費用が発生してしまう可能性があるのです。

 

なので、業者選びの際は手数料が完全に無料である事と、手続きの代行を行ってくれる事、そして高額査定が可能という3つの条件をクリアしている業者を選ぶようにしましょう。

ポイント

手数料無料に関しては、ほとんどの業者で謳っていますが、「レッカー車が必要な場合は別途必要」など特定の状況下で発生する業者も存在しますので、必ず完全無料の業者を選択するようにしましょう。

現状、これらの条件をクリアできる業者としては、カーネクストなどが該当しますので、選択肢の一つとして考えておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

以上が、車の解体に関する概要やメリット・デメリットとなります。

 

サル君が絹を着せぬ物言いで解体業者のことを述べていましたが、言っている事に間違いはありません。現在は車を廃車にするにも費用がかからず、反対に買取によってお金をもらうことも可能になている時代です。しかも、面倒な運輸支局での手続きも代行してくれますので、廃車買取業者に解体を依頼される方が圧倒的にメリットが大きいのです。

 

なので、もし解体を考えられている方であれば、一度カーネクストのような廃車買取業者に査定(無料)をしてみるべきでしょう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

オススメ廃車買取ランキング!

「単純に廃車にするだけでは勿体無い!」

「どんなにボロボロの車でも高額査定を諦めたくない!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査した高額買取が可能な業者をランキング順にピックアップしました。

是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている珍しい廃車買取業者です。もちろん廃車手続き廃車全て代行してくれますので、申し込みと書類の準備だけで他は放置でOKです。

また、海外への販路を持っているので、単なる廃車買取でも異常な高額買取が可能な事もありますので、絶対に査定に出しておくべき業者です。

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車屋さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車屋さんによって多少のサービスの差はございます。

-廃車の豆知識
-

Copyright© サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル , 2019 All Rights Reserved.