サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル

必要書類の集め方から手続きの流れ、ちょっとトクする方法までを全解説。廃車の手続きについてわかりやすくまとめています。 自分で廃車にする人は参考にしてください。

廃車費用の相場は?~廃車手続きにかかる費用・料金はこれだけ!~

廃車費用の内訳とは?

サルのイラスト

廃車の手続き方法については大体わかったよ。これって、業者に頼むといくらくらいするの?さらに解体するのってお高いんでしょ・・・。「廃車費用が、えらく高かった・・・」って聞いたことあるよ。

 

 

男の子のイラスト

実は、廃車を業者に頼むときの費用は、そのときの鉄の価値によって変わるんだよ!車って普通自動車で約1トンの鉄が使われていてね、動かない車でも鉄の価値が高いと、業者が手続きを無料で代行してでも車を集めたいんだよね。

 

たぶん、「廃車の費用がえらく高かった・・・」って言った人は、相当前に廃車にしたんじゃないのかな?最近は鉄の価格が高いから業者に頼んでも手続きもスクラップも任せても高くなることはないと思うけど・・・

ここでは、廃車手続き自体の費用ついて、普通車と軽自動車の場合に分けて見てみましょう。

 

出張査定なし!たった20秒で査定依頼が完了。面倒な手続きすべて無料で代行します!今すぐ無料査定

普通車の場合:廃車手続きにかかる費用

まずは、普通車の廃車手続き自体にかかるお金について見ていきます。普通車の廃車手続き自体にかかるお金は、以下のようになっています。

一時抹消登録の場合

代行してもらう内容にもよりますが、10,000円程度みておけばよいでしょう。一時抹消で終わる場合は解体処理がないため、永久抹消&スクラップを代行してもらうより費用が高くなります。もちろん自分で行えば、印紙代350円だけです。

永久抹消登録の場合

解体費用

今までだと解体費用がかかることがありましたが、現在は鉄の相場が高く解体費用がかからず、さらに車両本体を買取ってもらえる可能性があります。普通自動車だとだいたい10,000円くらいで買取ってもらえます。

 

手続きを代行してもらう場合

業者に解体処理を頼む場合は、抹消手続き代は無料~5,000円くらい。現在だと鉄の価格に価値があるため、手続き等の費用は無料になる場合が多いです。

 

引き取り費用(引取りに来てもらう場合の運送料金)

5,000円程度(距離、地域等によって様々です)
最近だと、引取り費用がかからず持込の場合に+5,000円などにしてくれる業者もおります。

 

引き取りにクレーン車が必要な場合

20,000円程度。クレーンが必要な場合は、さすがに結構な費用がかかります。

 

以上をまとめて、例えば普通自動車の廃車を全て業者に依頼したとすると

車両買取価格(10,000円以上)-手続き費用(5,000円程度)=5,000円以上戻る

 

意外かもしれませんが、費用がかかるどころか逆にお金を貰える可能性があります。また、車両買取り価格は車種によってもっと高くなる可能性があります。 鉄の価格が高い今なら業者に全て任せた方がお得です。

 

 

廃車手続きにかかる費用:軽自動車の場合

ここでは、軽自動車の廃車費用について見ていきます。軽自動車の廃車手続き自体にかかるお金は、以下のようになっています。

自動車検査証返納届(普通自動車で言う一時抹消登録)

代行してもらう内容にもよりますが、10,000円程度、見ておけばよいでしょう。一時抹消で終わる場合は解体処理がないため、永久抹消&スクラップを代行してもらうより費用が高くなります。もちろん自分で行えば、印紙代350円だけです。

解体返納(普通自動車で言う永久抹消登録)

解体費用

今までだと解体費用がかかることがありましたが、現在は鉄の相場が高く解体費用がかからず、さらに車両本体を買取ってもらえる可能性があります。軽自動車だとだいたい5,000円くらいで買い取ってもらえる場合もあります。ただ、軽自動車の場合は普通自動車に比べ鉄の量が少ないので、買い取ってもらえても普通自動車に比べ安くなる傾向にあります。

 

手続きを代行してもらう場合

業者に解体処理を頼む場合は、無料~5,000円くらい。現在だと鉄の価格に価値があるため、手続き等の費用は無料になる場合が多いです。

 

引き取り費用(引取りに来てもらう場合の運送料金)

5,000円程度(距離、地域等によって、さまざまです)
最近だと、引取り費用がかからず、持込の場合に+5,000円などにしてくれる業者もおります。

 

引き取りにクレーン車が必要な場合

20,000円程度。クレーンが必要な場合は、さすがに結構な費用がかかります。

 

以上をまとめて、例えば軽自動車の廃車を全て業者に依頼したとすると

車両買取価格(5,000円以上)-手続き費用(5,000円程度)=費用がかからない

 

意外かもしれませんが、費用がかかるどころか逆にお金を貰える可能性があります。また、車両買取り価格は車種によってもっと高くなる可能性があります。 鉄の価格が高い今なら業者に全て任せた方がお得です。

 

なお、普通車と軽自動車共に、車検ある/なしなどにより費用は変わります。

上記の例は、車検が残っている場合の例です。

廃車費用を抑えたい方へ

上記が自分で廃車を行なった場合の、費用の相場となります。

 

が、ここだけの話、廃車手続きは自分でやらない方が良いのです。

なぜなら、廃車買取業者に車の処分と廃車手続きを任せるだけで、逆にお金がもらえて手続きも無料で丸投げできるのです!

 

>>詳細はこちら

 

オススメ廃車買取ランキング!

「単純に廃車にするだけでは勿体無い!」

「どんなにボロボロの車でも高額査定を諦めたくない!」

 

そうお考えの方に、当サイトで調査した高額買取が可能な業者をランキング順にピックアップしました。

是非、査定の申込を行う参考にしていただければと思います。

カーネクスト

カーネクストは廃車にかかる費用が完全無料で設定されている珍しい廃車買取業者です。もちろん廃車手続き廃車全て代行してくれますので、申し込みと書類の準備だけで他は放置でOKです。

また、海外への販路を持っているので、単なる廃車買取でも異常な高額買取が可能な事もありますので、絶対に査定に出しておくべき業者です。

ビッグエイト

どんな車の廃車でも4,000円以上の金額で買取を約束をしてくれるという業者。テレビの取材なども多く出演され、信用性・安全性に関しては非常に高い業者です。

運輸支局での手続き代行も可能ではありますが、代行は有料オプションとなりますので、車の処分を任せてそれ以外は自分でおこなうという方にはオススメできる業者です。

廃車王

テレビCMもされている廃車買取業者の廃車王。カーネクストと同様に全国対応で広い範囲をカバーしており、不動車でなければ車の引き取りや運輸支局での代行も無料で任せる事が可能です。

ただ、廃車王という会社ではなく、全国の廃車屋さんが集まって運営されている団体ですので、担当エリアに該当する廃車屋さんによって多少のサービスの差はございます。

更新日:

Copyright© サルでもわかる!?廃車手続きマニュアル , 2020 All Rights Reserved.