知ってるとトクす「廃車情報」

廃車するなら還付手続きを忘れずに!~税金・保険料が戻ってくる?

廃車で戻ってくるお金とは?

サルのイラスト

廃車にするときに、ある手続きをするとお金が戻ってくるって噂を聞いたんだけど、そんな方法あるはずないよね・・・?

博士のイラスト

いや、お金は戻ってくるんじゃ。ただ、条件があって車検が残っている場合や年度途中で廃車にした場合だけじゃ。ちなみに戻ってくるのは、税金や自賠責の保険料の一部なんじゃよ。これを還付金(もしくは返戻金)というのじゃ。

受け取るためには、自分で手続きをしなければならないものもあるから廃車にする人は必ず手続きをするんじゃよ。 手続きの方法は以下の通りじゃ。

自動車重量税の場合

平成17年の1月から自動車重量税の還付制度が適用になりました。これは、不法投棄の防止とリサイクルの促進を目的としたものです。つまり、不要になった車が不法投棄されたりしないよう、また車がきちんと処分されてリサイクルに回されるようにということで、新設されたのです。

目的がそのようなものですから、車が廃棄されずリサイクルにも回されない一時抹消登録の場合には、自動車重量税の還付はありません。また、同じ理由で盗難や災害によって車がなくなり、廃車手続きを行なうという場合にも自動車重量税の還付はありません(車がない=リサイクルに回せない、ということですから)。

永久抹消登録で、車の現物が確かに処分されたりリサイクルに回された、という場合にだけ自動車重量税が還付されるのです。戻ってくる金額は自動車重量税を月割りにした額×残っている月数です。3ヶ月残っていれば、3か月分の額がもどってきます。

次に、気になる手続きについてです。

自動車重量税の還付手続きは、軽自動車なら管轄の軽自動車検査協会事務所普通自動車なら管轄の陸運支局か自動車検査登録事務所で行ないます。 還付のために提出しなければならない還付申請書は、永久抹消登録申請書とコミになっています。ですので、永久抹消登録申請書を書くときに一緒に記入して、そのまま提出すれば大丈夫です。

このあと、審査があります(だいたい3ヶ月くらいです)。 無事、審査を通れば、還付金が指定の銀行口座か郵便貯金口座に振り込まれることになっていますので、楽しみに待ちましょう。

自動車税の場合

自動車税の場合には、うれしいお知らせと残念なお知らせがあります。まず、うれしいお知らせですが、自動車税の還付の場合、申請は必要ありません。しかも、一時抹消登録の場合も還付があります。 次に残念なお知らせですが、還付があるのは普通車の場合だけです。廃車にするのが軽自動車の場合、自動車税の還付はありません。 なお、還付額は自動車税を月割りにした額×残っている月数です。

自動車税の還付は、以下のような流れになります。

まず、抹消登録すると自動的に還付の手続きが行なわれます。これは、一時抹消登録でも永久抹消登録でも一緒です。自動的に行なわれるので、こちらで特に申請する必要はありません。

抹消登録してから、2~3ヶ月経つと支払い通知書が送られてきます。それを持って指定の銀行に行けば、還付金を受け取ることができます。

なお、還付金をこちらが指定する銀行に振り込んでほしいときには、抹消登録のすぐ後に手続きが必要です。指定の口座振込依頼書を、税事務所または自動車税事務所に提出しておきましょう。陸運支局の近くにあるはずですから、廃車手続きの帰りに立ち寄って手続きを行なうと効率的です。

自賠責保険の場合

これまでの自動車重量税や自動車税は公の話でしたが、自賠責保険の場合は、少し勝手がちがいます。 まずは基本的なところから見ていきましょう。

自賠責保険が一ヶ月以上残っている場合には、還付を受けることができます(返戻金という形になります)。 返ってくる金額は、それぞれの保険会社の規定によります。つまり、保険会社によってさまざまです。

やることの順番としては、以下のようになります。

1・陸運支局で抹消手続き
陸運支局で普通に抹消手続きを行ないます。

2・入っている自賠責保険の会社の窓口で、解約・還付手続き
この手続きは、販売代理店ではできません。直接行くのが面倒な場合、郵送でOKなところもあります。ただし、保険会社によっては郵送NGのところもあるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

3・解約・還付手続き後、1週間から10日程度で指定口座に振り込まれる
あとはやることはありません。振り込まれるのを楽しみに待ちましょう。もしも振込があまりに遅れるようなら、早めに問い合わせてみるのもよいかと思います。

なお、普通車、軽自動車で必要な書類は基本的には以下の通りです。ただし、各保険会社によって、必要なものがいろいろと異なりますので、先に全部揃えるのではなく、まず保険会社に連絡して必要なものを確認してから、揃えるようにしてください。

■普通車の場合
・一時抹消登録証明書または登録事項証明書のコピー
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・所有者の認印
・振込先口座(銀行名、支店名、口座番号、口座名義)を所定の申請用紙に記入

■軽自動車の場合
・自動車検査証返納証明書のコピー
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・所有者の認印
・振込先口座(銀行名、支店名、口座番号、口座名義)を所定の申請用紙に記入

廃車手続きが面倒な方へ

ここだけの話、廃車手続きは自分でやらない方がお得です。
それは、業者に任せても費用がかからないからです。
さらにほとんどの場合、買取してもらえます。

⇒ 詳細はこちら

ページTOPへ