廃車手続きマニュアル「応用編」~廃車手続き・こんなときはどうする?~

引越しなどで車検証と住所が違う

住所が違う場合には、別に書類が必要

サルのイラスト

実は、車検書に書いてある住所と今住んでる住所が違うんだよね。しかも色々あって引越しも2回してて。
何だか廃車手続きが複雑になりそうなんだけど・・・。

女の子のイラスト

そうだね。引越しした場合は回数によって書類の数が1種類、多くても2種類増えます。

まずは、どんな書類が必要なのか、確認しておきましょう。

車検証の住所と現住所がちがう場合、基本的には住民票戸籍の附票のどちらかをとる必要があります。どちらの書類をとればよいかは、車検証取得のあと何回住所を変更したかによって決まります。

車検証をとってからの住所変更が1回のみの場合・・・住民票
車検証をとってからの住所変更が2回以上の場合・・・戸籍の附票

戸籍の附票に、直前の住所が記載されていない場合には、住民票と戸籍の附票の両方が必要となります。

では、住民票や戸籍の附票はどうやってとればよいのでしょう。
それについては、次で見ていくことにします。

住民票や戸籍の附票のとり方

住民票も戸籍の附票も役所で発行してもらわなくてはなりません。しかも面倒なことに、本籍地の役所に発行してもらわなくてはいけないのです。

一番早い方法は、本籍地の役所に直接出向いて発行してもらうことです。ただ、住所変更の結果、本籍地とは全然別の県に住んでいる方もいると思います。それでも、ご安心ください。そういう方のためには、郵便を使って発行してもらう方法があります。

直接行く場合と郵便を使う場合について、以下に簡単にまとめておきましたので、ご参考になさってください。

■直接、行く場合
直接、本籍地の役所の窓口に行って、発行してもらいます。本人が行けない場合は、代理人でも大丈夫です。発行してもらうときに、身分を証明できるものと認印の計2つが必要です。忘れずに持っていくようにしましょう。

■郵便を使う場合
郵便で発行を請求し、住民票または戸籍の附票を郵送してもらいます。まずは、本籍地の役所に連絡して、発行を請求する書類の記載内容や手数料について、確認しておきましょう。 確認した内容にしたがって、本籍地の役所宛の郵便で請求します。住民票または戸籍の附票を郵送してもらうための返信用封筒も、忘れずに入れておきましょう。

廃車手続きが面倒な方へ

ここだけの話、廃車手続きは自分でやらない方がお得です。
それは、業者に任せても費用がかからないからです。
さらにほとんどの場合、買取してもらえます。

⇒ 詳細はこちら

ページTOPへ