廃車手続きマニュアル「基本編」

普通車の廃車に必要な書類はコレで全部!~必要書類の効率的な集め方~

必要書類をどこで手に入れる?

サルのイラスト

廃車手続きの大まかな流れはわかったよ!でも、必要書類を集めるのが面倒だ~!それぞれの書類がどこで手に入れるかわからないし・・・

男の子のイラスト

これが面倒で、廃車手続きをなかなかする気になれない・・・なんて方も多いと思うよ。僕の知り合いも同じことを言ってたよ。

では、抹消登録について基本的な必要書類と取得方法を説明するから参考にしてみてね!ただ、以下に挙げるのは通常のケースの場合の必要書類だよ。車検切れや、結婚して名字が変わった、なんて場合には、違う書類や違う手続きが必要になることがあるから、廃車手続きマニュアル:応用編を参考にしてね。

一時抹消登録の必要書類

一時抹消登録する際に必要な書類は、以下の通りです。

・車検証
車のダッシュボードなどに放り込んである場合が多いです。いざというときに行方不明で困ることがあるので、早めに所在を確認しておきましょう。

・ナンバープレートx2(前後とも)
外し方については、廃車に必要なナンバープレートの外し方をごらんください。

・実印
認印は不可です。

・印鑑証明書x1
印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内のものでなければいけません。発行してもらうには、印鑑登録証か印鑑登録カードを持参の上、市町村の窓口で申請を行ないます。代理の人が行っても大丈夫です。

・申請書(OCRシート3号書式の2)
陸運支局、自動車検査登録事務所、ディーラー、自動車販売店等で入手することができます。

・手数料納付書
陸運支局か、自動車検査登録事務所で入手することができます。なお、手数料350円分の印紙が必要です(印紙は陸運支局で購入できます)

・振込先情報(銀行名・支店番号・口座番号)
還付金を振り込んでもらうための自分の口座の情報です

各書類を入手する順番

下記は、各書類を入手するオススメの流れです。

1・市町村役場で、印鑑証明書を発行してもらう

2・車検証/ナンバープレート/実印/印鑑証明書/振込先情報を持って、陸運局に行く

3・陸運支局で、申請書/手数料納付書/手数料納付書用の印紙を入手・購入する

これで、必要なものが一式、揃うはずです。ここでは一番無駄のない順番を紹介しましたが、あらかじめ書類を入手して、記入してから行きたいという方もいらっしゃるかと思います。その場合には、[3→1→2]の順番でなさってください。

永久抹消登録の必要書類

永久抹消登録する際に必要な書類は、以下の通りです。

・車検証
車のダッシュボードなどに放り込んである場合が多いです。いざというときに行方不明で困ることがあるので、早めに所在を確認しておきましょう。

・ナンバープレートx2(前後とも)
外し方については、廃車に必要なナンバープレートの外し方をごらんください。

・実印
認印は不可です。

・印鑑証明書x1
印鑑証明書は、発行後3ヶ月以内のものでなければいけません。発行してもらうには、印鑑登録証か印鑑登録カードを持参の上、市町村の窓口で申請を行ないます。代理の人が行っても大丈夫です。

・自動車リサイクル券(または、使用済自動車引取証明書)
もし廃車時に預託する場合には、使用済自動車引取証明書が、自動車リサイクル券の代わりに発行されます。

・解体業者から通知される<解体に係る移動報告番号>と<解体報告記録日>
書類に記入するのに必要ですので、きちんと書きとめて、手続きの際に持っていきましょう。

・申請書(OCRシート3号書式の3)
陸運支局、自動車検査登録事務所、ディーラー、自動車販売店等で入手することができます。

・手数料納付書
陸運支局か、自動車検査登録事務所で入手することができます。なお、永久抹消登録の場合、手数料は無料なので、印紙は不用です(必要事項の記入のみ、行ないましょう)。

・振込先情報(銀行名・支店番号・口座番号)
還付金を振り込んでもらうための自分の口座の情報です。

各書類を入手する順番

下記は、各書類を入手するオススメの流れです。

1・市町村役場で、印鑑証明書を発行してもらう

2・解体業者に解体してもらい、解体に係る移動報告番号解体報告記録日の連絡を受け、書き留めておく。自動車リサイクル料金が未払いの場合には、廃車時に料金を預託し、使用済自動車引取証明書を受け取っておく。

3・車検証/ナンバープレート/実印/印鑑証明書/自動車リサイクル券(または使用済自動車引取証明書)/解体に係る移動報告番号と解体報告記録日のメモ/振込先情報を持って、陸運支局に行く

4・陸運支局で、申請書/手数料納付書を入手する

これで、必要なものが一式揃うはずです。※ここでは一番無駄のない順番を紹介しましたが、あらかじめ書類を入手して、記入してから行きたいという方もいらっしゃるかと思います。その場合には、[4→1→2→3]の順番でなさってください)。

廃車手続きが面倒な方へ

ここだけの話、廃車手続きは自分でやらない方がお得です。
それは、業者に任せても費用がかからないからです。
さらにほとんどの場合、買取してもらえます。

⇒ 詳細はこちら

ページTOPへ