廃車手続きマニュアル「基本編」

廃車に必要なナンバープレートの外し方~コツを知らないと意外と大変?~

ナンバープレートの取り外しで気をつけること

サルのイラスト

ナンバープレートって外してことないから外し方なんでわからないよ・・・。しかも後ろのナンバープレートのところには「封印」があるじゃん?封印って書いてあると、ますます開けにくいよね。なんか祟られそうだし・・・。

男の子のイラスト

祟られはしないと思うけど、外さなくてよかったね!後ろのナンバープレートは意味なく外すと犯罪になる可能性があるからね。廃車にするときは大丈夫だと思うけど・・・怖い人は業者に頼んだ方が無難かな?

サルのイラスト

え!?そうなの?
よかった~外さないで。

男の子のイラスト

本当に良かったよ。一応、ナンバープレートを外してしまうと、公道を走れなくなるから廃車の予定を見極めて、支障がない状態になってから取り外すようにしてね。

これって、案外、うっかりしがちなのです。

ナンバープレートの外し方

では、実際のナンバープレートのはずし方について見ていきましょう。
具体的な手順としては、以下のようになります。

1・ネジをはずす
まず、ナンバープレートを止めている普通のネジをドライバーで回して、そのまま外しましょう。さびて外しにくい場合には、スパナを使うのもよいかもしれません。ただし、本当にさびていてどうにもならない場合には、無理をせず、業者さんに任せてしまう方が無難です。

2・封印を破る
ここがちょっとばかり難関なのです。まず、封印についてですが、後部のナンバープレートに一ヶ所だけ、ネジがあるはずのところにアルミ製のカバーがついています。これが封印です。後部のナンバープレートを外すには、この封印を破らなくてはなりません。

封印を破るには基本的には力技です。まず、曲がったりしないような大きめの頑丈なプラスドライバーを用意します。次に、そのドライバーの先端を、封印の中央に正確に当てましょう。

あとは、力をグイッと入れて、封印のカバーを力技で突き破ります。このとき、変な具合に破れてしまうと、あとの取り外しが困難になります。

3・封印の下のネジを外す
封印のカバーの下には、左写真のように普通にネジがついていますから、最初に封印を破り、次に封印の下のネジを回して外せば、後部のナンバープレートを外せるようになります。封印が無事に破れたら、その下にあるネジをドライバーで回して外します。


4・ナンバープレートを取り外す
あとはナンバープレートを外すだけです(4)。ともかく、ナンバープレートの取り外しに関しては、うまくいきそうならそのまま自分でやってしまって、うまくいきそうにないときは無理をしないことをおすすめします。

廃車手続きが面倒な方へ

ここだけの話、廃車手続きは自分でやらない方がお得です。
それは、業者に任せても費用がかからないからです。
さらにほとんどの場合、買取してもらえます。

⇒ 詳細はこちら

ページTOPへ